女性研究者のライフイベントに対応したサポート制度を実施しています。

名称
平成29年度 研究補助員配置制度(PDF)
内容 出産・育児、または介護などに携わる研究者に対し研究時間を確保し、研究活動の活性化を促進するため、本制度を実施する
※詳細は実施要項で確認してください
期間 2017年5月15日~2018年2月28日
申請方法 利用申請書をダウンロードし、申請要件確認のため必要書類を添えて男女共同参画室に提出
申請対象者 本学に在職する女性研究者または配偶者が研究者である男性研究者で条件に該当する者
業務内容例 ・研究活動に必要な実験補助
・研究データの解析、統計処理
・文献調査
・発表資料の作成 など
※研究補助以外の業務(授業やゼミなどに関する教育補助、会計事務や学会事務など)に従事することはできません。
関連書類 ・実施要項(PDF)
・募集案内(PDF)
・利用申請書(PDF)(WORD)
・利用報告書(PDF)(WORD)

名称
メンター制度(PDF)
目的 女性研究者支援メンター制度とは、一定の職務経験等を有する教員が、メンタリングを行うことで、女性研究者が職場に適応し、研究者としてキャリアを形成していくためのノウハウや育児・介護等といった生活と研究との両立を図ることを目的とする。
利用対象者 本学に在職する女性研究者及び本学の大学院に在籍する女子学生
申請方法 申請書(xls)をダウンロードし、女性研究者キャリア支援室に提出
関連書類 実施要項(PDF)
メンター制度利用の流れ(PDF)
・利用申請書(PDF)(Excel)

名称
平成28年度 夏オープンキャンパス時休日託児支援募集開始(PDF)
支援内容 仕事と生活の両立を支援することを目的として、業務時間内の託児利用料金を一部補助いたします。
利用対象者 本学に在職する教職員(但し、利用できる条件があります。詳細は要項を御覧ください)。
申請方法 申請書をダウンロードし、男女共同参画推進室に提出
関連書類 休日託児支援要項(PDF)
利用申請書(PDF)
立替払い請求書(PDF)

名称
東京農工大学グループメンター制度(PDF)
目的 東京農工大学では、女性研究者研究活動支援事業(拠点型)の一環として、連携機関同士のグループメンター制度を構築いたします。連携機関の女性研究者がお互いに教育・研究、ワークライフバランス等に関する相談を行える体制を整え、連携機関内の女性研究者同士の交流の活性化および情報交換を促進する事で、女性研究者数が少ない職場環境でも孤立することなく相談できる環境を整備します。
利用対象者 拠点型事業連携機関に所属する女性研究者および女性研究者の指導的立場等にある研究者
登録方法 東京農工大学女性未来育成機構あるいは連携機関の男女共同参画室および女性研究者支援室等を通じて、メールリストへの登録、および東京農工大学が運営する女性研究者SNS(http://rikeijosei.office.tuat.ac.jp)のアカウントの発行を受けます。
詳細 東京農工大学グループメンター制度のご案内(PDF)
女性研究者SNSのご案内(PDF)
別紙①メンター制度注意事項(PDF)